オンラインシラバス

2017年度シラバストップ > 中Ⅲ年5組 > 理科 > 理科第2分野

教科
科目
学年・組
授業時間
担当者
理科
理科第2分野
中Ⅲ年5組
2.5
岩橋

到達目標


(1)生物学的な事物・現象についての観察,実験を行い,該当分野の観察・実験技能を習得させるとともに,生命の連続性などについて理解させ,これらの事物・現象に対する科学的な見方や考え方を養う。
(2) 生物とそれを取り巻く自然の事物・現象に進んでかかわり,その中に問題を見いだし意欲的に探究する活動を通して,地球、生命の誕生から現代に至るまでの謎に対する人類の挑戦の足跡を学び、多様性や規則性を発見したり課題を解決したりする方法を習得させる。
(3) 生物や生物現象についての観察,実験を行い,観察・実験技能を習得させ,観察,実験の結果を分析して解釈し表現する能力を育てるとともに,などについて理解させ,これらの事物・現象に対する科学的な見方や考え方を養う。
(4) 生物とそれを取り巻く自然の事物・現象を調べる活動を行い,これらの活動を通して生命を尊重し,自然環境の保全に寄与する態度を育て,現代科学における当該科目の位置づけを理解し、科学的リテラシーを養う。

授業の進め方・学習方法


・授業プリントなどを使用し、より効果的な授業を行う。
・中学校の内容に留まらず、高等学校での内容も取り入れ、先取り学習を行う。
・下記の教科書,問題集の内容に準ずる。
・講義中心の授業になるので、副教材を用いて各自問題演習を行うことが必須となる。
・適時演習を行う。

[実験]理科は1分野授業を週当たり1時間、2分野授業を週当たり2時間行い、実験授業は両分野に関わる実験を週当たり1時間行う。

授業スケジュール


学期
学習内容
1学期
生物分野
 教科書「理科 第2分野 生物」

第5章 細胞
 第1節 細胞のつくりとはたらき
 第2節 細胞のふえ方

<実験>
  ①体細胞分裂の観察
1学期中間試験
1学期
第6章 生殖と発生
 第1節 生殖
 第2節 動物の発生

<実験>
  ①だ腺染色体の観察
1学期末試験


学期
学習内容
2学期
第7章 遺伝
 第1節 遺伝とそのしくみ


<実験>
 ①トウモロコシの遺伝
2学期中間試験
2学期
第2節 DNAと染色体


<実験>
 ①ブロッコリーのDNA抽出
 ②DNAの模型
2学期末試験


学期
学習内容
3学期
第8章 生物の進化
 第1節 地質時代と生物界の移り変わり
 第2節 生物の進化を探る
 第3節 進化はどのようにして起こるか

第9章 生物どうしのつながり
 第1節 生態系
 第2節 生態系内での物質の循環とエネルギーの移動
 第3節 生態系の保全
 第4節 人間の生活と自然

<実験>
 ①食物連鎖シミュレーション
学年末試験

成績評価方法


種別
割合(%)
評価基準など
定期試験
60
理科1分野と2分野で併せて100点満点の試験を実施。
出題は授業で扱った内容や、理科実験の内容が中心となるが、発展問題も出題する予定(約2割)。期末試験では中間試験の範囲も出題し、学年末試験では、1・2学期の内容も出題する。
レポート
20
小テストなど
0~20
授業での取り組み状況
0~20

教科書・教材/参考書/参考サイト


教科書・教材
書名
出版社
教科書番号/code
備考
理科第2分野 生物
文理
理科第2分野 生物問題集
文理

担当者からのアドバイス


細胞単位で生物を考える学習を行います。
まずは第5章で細胞の構造をよく理解し、それをもとに細胞の塊である多細胞生物の営みを考えてみましょう。
「考える」ことが多い授業になります。