オンラインシラバス

2018年度シラバストップ > 高Ⅰ年7組 > 国語 > 国語総合 現代文

教科
科目
学年・組
授業時間
担当者
国語
国語総合 現代文
高Ⅰ年7組
週2時間
新井

到達目標

授業の進め方・学習方法


〇授業内で実施するプリントやワークを中心に理解を深める。
○グループワークや発展的な学習を通じ、応用可能で柔軟な知識と学力を身につける。
○要旨や主題を正確に捉えた上で、自分の意見をもち再解釈する力を養う。
○文章を咀嚼し、自分の言葉で説明することで、理解を深める。

授業スケジュール


学期
学習内容
1学期
【評論】小熊英二 人は独創的でありたいか
    山崎正和 水の東西 
【文学】芥川龍之介 羅生門
1学期中間試験
1学期
【評論】四方田犬彦 「かわいい」現象
    原島博 メディアとしての顔
【文学】夏目漱石 夢十夜
1学期末試験


学期
学習内容
2学期
【評論】高階秀爾 「美しさの発見」について
    内山節 自然と人間の関係をとおして考える
【文学】森鴎外 高瀬舟
2学期中間試験
2学期
【評論】池上嘉彦 言葉についての新しい認識
    内田樹 意味と身体
【文学】志賀直哉 城の崎にて
2学期末試験


学期
学習内容
3学期
【評論】福岡伸一 生きることと食べることの意味/動的平衡
    原研哉 白
【文学】宮沢健二 なめとこ山の熊
学年末試験

成績評価方法


種別
割合(%)
評価基準など
定期試験
60
定期試験の結果を中心に、授業内で扱ったワークへの取り組みや積極的な参加姿勢も平常点として加味し、評価の対象とする。
また、その他課題の提出状況や小テスト等の得点も平常点に含めるものとする。
レポート
0-40
小テストなど
0-40
授業での取り組み状況
0-40

教科書・教材/参考書/参考サイト


教科書・教材
書名
出版社
教科書番号/code
備考
国語総合 改訂版 現代文編
大修館書店

担当者からのアドバイス