教科・教員

理科 // Science

理科は、「身の回りの自然現象を観察し、その背景に隠れた法則を発見し、それを未知の現象にあてはめて未来を予言する」学問です。この方法を学習する過程において、観察力や論理的思考力の養成を目指します。中学生においては、実験・観察を通じて興味・関心を喚起しながら理科の全分野の学習を行い、自然現象の基本的な解析方法を習得します。高校1年〜2年では、科目毎にさらに深い内容を学習します。そして高校3年で大学入試に向けた演習を行い、各自の進路の実現を図ります。

理科

理科部長:吉江 勝仁

理科部長:吉江 勝仁
授業においては「論理のつながり」を大切に、問題解説においては「発想の必然性」を大切にしています。理科の授業では、先人達が自然現象を紐解いてきた過程をたどることになるわけですが、彼らがなぜそのような考え方をしたのか、そこにどんな意味があるのかに力点をおいて解説します。また、理科に登場する数字・数式には必ず対応する自然現象があります。それをしっかりとイメージさせることによって、大学受験に通用する力を養成します。
理科 授業風景1
理科 授業風景1
理科 授業風景2
理科 授業風景2
理科 授業風景3
理科 授業風景2