教科・教員

各教科とその担当教師をご紹介いたします。

国語

国語 // Japanese

詳細はこちら

広尾学園では、国語を単なる読む・書く・話す・聴く力ではなく思考活動として捉え、ものごとを言語に置き換え再構成する能力、つまり言語論理能力・言語操作能力の習得に力を入れています。生徒一人ひとりが生きていく上で根幹となるソーシャルスキルを身につけるために、スピーチやディベート、プレゼンテーションなどの実践を通してその力を培っています。また、中学1年次より古典作品に親しみ、大学入試いおいて要となる古典分野への習熟を目指します。

社会

社会 // Social studies

詳細はこちら

将来、社会で活躍していける広い視野の人材を輩出するために、社会科の負う役割は大きいものがあります。広尾学園の社会科のすべての教員に共通しているのは、知的好奇心がくすぐられる魅力ある授業を実践していることです。どの教員も独自の工夫を凝らし、生徒一人ひとりが社会の諸問題について深く考えられるような授業づくりに努めています。大学受験においては社会科が大きな強みとなるように、トップレベルの実力が身につく授業を日々、行っています。

数学

数学 // Mathematics

詳細はこちら

科学の女王と語られる数学は、他の学問では味わうことのできない美しさや不思議に満ちています。広尾学園では、そんな学問としての魅力を味わえるような数学の授業が展開されています。数学を理解し、難関大学受験につながるような感性と思考を学び、その上で単なる公式ではない知識を習得していきます。ただ板書するのではなく、主体的に考え、積極的に手を動かして学習し、一所懸命書かれた答案を、丁寧に添削するのが広尾学園の数学です。だからこそ、「難しいけれど面白い!」と思わず口にしてしまう生徒が後を絶ちません。

理科

理科 // Science

詳細はこちら

理科は、「身の回りの自然現象を観察し、その背景に隠れた法則を発見し、それを未知の現象にあてはめて未来を予言する」学問です。この方法を学習する過程において、観察力や論理的思考力の養成を目指します。中学生においては、実験・観察を通じて興味・関心を喚起しながら理科の全分野の学習を行い、自然現象の基本的な解析方法を習得します。高校1年〜2年では、科目毎にさらに深い内容を学習します。そして高校3年で大学入試に向けた演習を行い、各自の進路の実現を図ります。

英語

英語 // English

詳細はこちら

英語科では4技能をバランスよく育成し、将来英語を使って国際社会で活躍できる人材を育てることを目標としています。授業では会話することを積極的に取り入れ、英語を使うことを重要視しています。英会話の授業ではネイティブ教員と日本人教員のダブルティーチャー制(中学3学年、高校1年)をとり、楽しみながら英語に慣れる授業を実施しています。カリキュラムでは、中高一貫の良さを生かして先取り学習を取り入れ、高校3年次には受験にシフトした授業を可能にします。

美術

美術 // Art

詳細はこちら

美術は、身の回りにあるモノを取り上げて身近な題材とし、他教科との繋がりを大切にしています。見方を習うことから始まり、段階的にグループワーク、オリジナル制作へと発展し、作品を作り上げる気持ち、向き合う姿勢を尊重することの大切さを学びます。広尾学園の美術科の特徴は、実践する機会の多さにあります。多くの手法での制作を通して、ものごとを考えること、創造すること、アイデアを出すことでさまざまな表現、発想力、デザイン力を身につけていきます。

音楽

音楽 // Music

詳細はこちら

音楽は、中学では必修の科目で、高校では芸術の中での選択科目となります。広尾学園の音楽科の特徴は、教員と講師が音楽家であることです。美しい演奏をしたい。上手い!って思われたい。どうすればそんな演奏ができるのか?音楽が好きな人であれば誰でも思うことです。広尾学園の音楽の授業ではただ歌ったり、演奏したりではなく、感じることを大切にしています。音楽って本当に楽しく深いという感動体験を目指します。

広尾学園にいらっしゃいませんか?

お気軽にご来校ください。

  • 中学校各種説明会のご案内
  • 高等学校各種説明会のご案内
  • 学園へのアクセスマップ