教科・教員

社会 // Social studies

将来、社会で活躍していける広い視野の人材を輩出するために、社会科の負う役割は大きいものがあります。広尾学園の社会科のすべての教員に共通しているのは、知的好奇心がくすぐられる魅力ある授業を実践していることです。どの教員も独自の工夫を凝らし、生徒一人ひとりが社会の諸問題について深く考えられるような授業づくりに努めています。大学受験においては社会科が大きな強みとなるように、トップレベルの実力が身につく授業を日々、行っています。

社会

社会科部長:町田貴弘

社会科部長:町田 貴弘
社会科とは何を学ぶ教科なのでしょうか?偉人、出来事、地形、気候、法律、制度…。これらの知識事項はあくまで「枝葉」に過ぎません。「幹」、つまり社会科の学びの本質は、「思考」そのものにあります。歴史上の人物と事象にどのような因果関係があるか、気候と地域的特色にどのような関連性があるか、憲法・法律にはどのような思想的背景があるのか。それらを考察していくことが社会科の核心です。広尾学園の魅力あふれる授業で、現代を生き抜くための思考力を身につけましょう。
社会 授業風景1
社会 授業風景1
社会 授業風景2
社会 授業風景2
社会 授業風景3
社会 授業風景3